大阪カフエーパウリスタ展

4時間で860名の見学者が訪れた「1日だけのカフエーパウリスタ」の反響の大きさから中之島図書館指定管理者の方からオファーをいただき、中之島図書館で「大阪カフエーパウリスタ展」を開催させていただくことになりました。

 

催事名 大阪カフエーパウリスタ展

日 時 2016年10月7日(金)〜20日(木)

会 場 大阪府立中之島図書館

 

今から100年前にカフエーパウリスタがコーヒーチェーン店を全国展開したことは、コーヒー業界やブラジル移民研究者の間では広く知られています。しかし、いつ計画されたかは残念ながら正しく伝わっていません。今回は、第一回移民船笠戸丸がサントス港に到着前に日本でのコーヒーチェーン店展開計画が報じられている新聞記事など、サンパウロ州政府はコーヒー販路拡張を目的にブラジル移民を受け入れたのではないかと思われる資料を展示しました。

先月解体された甲陽園店、1号店の箕面店、道頓堀店、戎橋店や宝塚店、ブラジルのコーヒー農園のパネルなども展示しています。

 

トークショーでは、本庄京三郎が社長をつとめた大阪カフエーパウリスタにスポットを当て、甲陽園店に70年間住まれた元住民の方やカフエーパウリスタ大阪焙煎工場を引き継いだダイヤモンド商会の社長、西宮市学芸員の方をお迎えし、大阪カフエーパウリスタについて語り合います。