近畿の産業遺産 10周年記念号に研究ノート掲載

近畿地域を中心に産業遺産の調査、保存、研究を行う近畿産業考古学会の10周年記念号に研究ノートを寄稿させていただきました。私は2010年から会員になり、何度か見学会に参加させてもらう他、毎年総会で発表するかニューズレターに寄稿してきました。今回は自身の備忘録としても文章に残しておくのもいいなぁ、と思い、二階堂会長からの依頼を快諾。2週間ほどで一気に書き上げました。

 

内容は、2013年に制作した「関西の歴史建築vol.6 伝統の継承と進化」と2015年にシンポジウムを企画した「朝日会館」を中心に「中之島の朝日新聞社建築群130年の歴史」について独自に進めた取材内容を紹介するというものです。

 

折しも中之島西部地区は、現在超高層ビル建設による再開発プロジェクトが進行中で、摩天楼へと変貌を遂げています。

 

ビルが人のアイレベルに収まっていた時代の記録をまたひとつ残すことができ、お声がけいただいたことに感謝しております。