箕面市中央生涯学習センター 春の講座担当

箕面市中央学習センター春の講座の一コマを担当させていただきました。

 

最初にブラジル移住のビデオをご覧いただき、1908年からはじまった日本人のブラジル移住は、ほとんどの人がコーヒー農園で働く農業移住であったこと。第一回ブラジル移民を実行した移民の父・水野龍は、ブラジルへ移民を送り込む代わりに、日本におけるコーヒーの宣伝・普及をサンパウロ州政府と契約を結んだこと。宣伝・普及活動の活動拠点としては、カフェーパウリスタという会社を立ち上げ、そのカフェーパウリスタのカフェー1号店が箕面にあったこと。そして、1号店が開業したのは、1911(明治44)年6月25日であることを絵ハガキと新聞記事を示して説明させていただきました。参加者の皆様には、何故6月25日が箕面のコーヒー記念日なのか、箕面とカフェーパウリスタとブラジル移民の関係を理解していただけたのではないかと思っています。

 

春の講座【知りみのお・伝えるみのお】

「6月25日は箕面のコーヒー記念日 おいしいコーヒーから箕面もみえる」


日  時 2013年6月8日(火)14001600

会  場 箕面市中央生涯学習センター2階 講議室

定  員 30名(全2回講座 参加費400円

主  催 箕面市中央生涯学習センター