· 

西宮文化協会会報にエッセイ掲載

「私の家は緑の屋根、向かいのカルパス温泉は赤い屋根。カルパス温泉にも私の家にもステンドグラスがあって、この辺りはとってもハイカラな街並みだったのです。」

甲陽園の洋館に70年間暮らした鈴木さんの回想からはじまるエッセイを西宮文化協会の会報に寄稿させていただきました。西宮市役所情報公開課の豊田さんから文書で残してみてはいかがかと西宮文化協会をご紹介いただいたのです。

  

映像を作ると決めたのは昨年の8月。9月には解体作業がはじまることが決定していました。70年間暮らした荷物は膨大で毎日毎日泊まり込みで作業しても片付かないという状況でした。そんな状況の中で嫌な顔ひとつせず手を止めて昔話をしてくれたのが、エッセイ冒頭に紹介した鈴木さんでした。鈴木さんが語る昔話は、カフエーパウリスタが閉店してからのものでしたが、建物が改修される前の幼い頃のお話は、カフエーパウリスタとして使われていた頃の片鱗を留めていて、イメージを膨らませるのには欠かせないものでした。

 

甲陽園は私が20代を過ごした場所。

カフエーパウリスタの解体という歴史的な一コマに立ち会えることが出来たのも、何か目に見えない運命のようなものを感じないではいられません。