大阪カフエーパウリスタ展無事終了

 

100年前のコーヒーチェーン店、カフエーパウリスタを紹介する展覧会「大阪カフエーパウリスタ展」は10月20日に終了し、稼働日11日で1,539名の方にご来場いただきました。

 

「1日だけのカフエーパウリスタ」に比べると随分閑散とした会場ではありましたが、以前甲陽園に住んでいた方や新聞を観て来たという方が熱心に観覧され、関西ではあまり知られていないカフエーパウリスタの周知にはなったのではないか、と思います。

 

来場者の中には、卒論で「カフエーパウリスタ」について書きたいという学生さんもいて、もっと話を聞きたいということで、その後弊社事務所にお見えになりました。現在3回生、20歳の女性4名にたっぷり3時間カフエーパウリスタについてご説明いたしました。カフェブームということもあり、みなさん熱心にお話を聞かれてました。どんな卒論になるのか楽しみです!!!

 

また、別の大学の学生さんは、卒論ではないのだけれど12月に関西のカフェについて研究発表があるということで来館されたので、カフエーパウリスタの紹介をしました。こうして若い学生さんが100年前のカフェに興味を持ってくださるなんて嬉しいですね。

 

ただ、ネット世代の学生さんたちに接してわかったのは、原典資料を観る習慣がないということです。ネットは聞き伝えや本の孫引きで書かれているので間違いも多いです。やはり原典資料は観ておいてほしいな〜、と思います。

 

そんなこんなであっという間に2週間のパウリスタ普及活動は終了となりました。

やっと普通の生活にもどれてホッとしております、、。