竹中工務店400年の夢

大工の棟梁として1610年に創業した竹中工務店。その棟梁精神は明治期以降の近代的建築業に発展する現在まで脈々と受け継がれています。その400年の歴史を紹介する展覧会が、2016年4月23日から6月19日まで、東京の世田谷美術館で開催されました。

 

写真、模型、図面などをメインとし、同時代の美術作品やグラフィックなど多彩な周縁資料を加え、日本の近代化の過程を"建築"という視点から眺望するという展覧会に、昨年製作した「よみがえる朝日会館」の映像を出展させていただきました。

 

残念ながらわたしは行くことができませんでしたが、大大阪時代の文化の殿堂・朝日会館のパネルとともに多くの方々にご覧いただけたと思います。個人的には是非大阪でもこの展覧会を開催していただきたいと思っています。